国産モニターEIZOの「EV2450」を導入して感じた事

6年近く使っていたPCモニターの発色がそろそろ怪しくなってきましたので
ここらで新しいものに買い替えるかと決意し、PCモニターで有名なEIZOのEV2450を導入しました!
いやぁ・・・EIZOってやっぱ高いね・・・。

ファーストインプレッション

DSC01048
今回購入したのは23.8型のスタンダートなモデルです。
MacBookProと比較してみましたけど、そこまで大きなパッケージでもありません。
僕が普段使っているのが24型なので個人的には「こんなものかな?」というサイズです。

中身はこんな感じ

DSC01050

中身は
・モニター本体
・台座
・USBケーブル
・HDMIケーブル
・DVIケーブル
・電源ケーブル
・各種説明書とディスク

が梱包されています。
この辺りは他社の製品でもほとんど変わりは無いかと思います。

縦にも出来るんだけど・・・

DSC01067
EIZOモニターと言えば、縦に90度回転する構造なのですが
角度をつけなければモニターの角に台座が当たり、うまく回転させる事ができません。
24型のモニターでこの現象が起こるのですから、おそらく上位機種の27型でも同じ事が言えるのではないでしょうか?
縦にするには一度斜めに倒してから回転させましょう。

モニターアームにもしっかり対応

DSC01073
この手の製品ではあまり気にしなくても対応されているものですが
エルゴトロンなどのモニターアームにしっかり対応します。(VESA100mm)

というのも、以前僕が使っていたモニターは背面が少し弧を描いていて
うまくアームが取り付けられないという事がありました。
メーカーは対応していると謳っていたものの、実際に購入してみたら取り付けられない事がわかり
結局、台座で使用していました。

モニターアームを使用する僕としては少し神経質になるポイントです。

フルHDモニターとしては申し分無しのモニターです!

DSC01075

現在、このようにセッティングしています。
Macと合わせて使うと、やはりretinaとの解像度の差が顕著に表れてしまうので粗が目立った印象を受けてしまいますが
フルHDのモニターとして使用するなら申し分ないクオリティかと思います。
それと、使ってみて知ったのですが
「ブライトネス」の設定を上げると発色が気持ち良く持ち上がってくれたのには驚きました。
事務作業に使えるPaperモードもお気に入りですね。

僕が今回これを購入した決め手は、イラスト制作もしたいというのが大きな理由です。
実際、EIZOモニターでイラストを書いているクリエイターさんも多いかと思います。
僕のメインはWindowsなので、後々そちらにモニターを移動させると思いますが、本当に大満足のモニターです。

昨今は4Kモニターもだいぶ普及していますが、まだコンテンツが少ないという印象を受けているのでまだフルHDで十分かと思います。
本当はWQHDが欲しいんですが、まだ高い!

モニターはこのサイズなら安くて1万円台で手に入りますが
少し高くなってはしまうがEIZOも候補に入れる価値は十分にありますよ。
5年または30000時間までの使用なら修理から代用品の用意までのアフターサポートもしてくれるので
そこがEIZOの魅力の一つですね。