有線前提のnasneを無線化させよう!

今までPS3とtorneを中心に使ってきていた自分ですが
最近PS4をようやく手に入れました。

PS3は譲ってしまってもう手元にはないで
torneも並行して使えなくなってしまいました。

そこで、PS4と同時にnasneを導入してみたのですが、なんと「有線」が前提ではないですか!
スマホやタブレットが普及している昨今で有線は何かと不便!
そこで色々と調べてみたのですが、有線が前提のnasneを無線化させる方法があるではないですか!

今回はそんなnasne無線化についてお話しようかと思います。

必要なもの

nasneを無線化させる重要なアイテムは
BUFFARO社の「WLI-UTX-AG300/C」になります。
これはLAN端子とUSB端子があれば無線で電波をキャッチし、LAN端子に接続したLANケーブルを経て情報を送れる、ものすごいニッチなガジェットです。
USBから電源を供給できるのでコンセントは不要です。
仮にUSB端子がない機器に取り付ける場合は、本体USBからスマホの充電機などを取り付けて供給すれば問題ありません。

接続方法

ここまで話すと、もうイメージが湧いていると思います。
nasneのUSB端子にWLI-UTX-AG300を接続し、LANケーブルでnasneのLAN端子に接続します。
これで端末の接続は完了です。

親機と子機との接続はBUFFAROでお馴染みのAOSSシステムで接続します。
親機と子機をAOSSボタン長押しするだけでOKです!

注意点! 11n/aOnlyスイッチはオンにするべき

nasneを無線化させようと思っている方の多くは
「親機と子機が違うフロアまたは違う階にある」ケースが多いと思います。
2.4Ghzの周波数は電波干渉の影響を受けやすいので、この設定で接続するとノイズまみれで、とても見れたものではありません。
11n/aOnlyスイッチをオンにして5.0Ghzの周波数で接続すれば安定してnasneを使用することができます!
もちろんですが、親機も5.0Ghzに対応したものが必要です。
最近の機器なら問題ないかと思います!(自分は8年近く前の機器を使っていたので親機も買い換えましたが・・・w)