会話形式のプラグイン「Speech Bubble」でLINE風のコンテンツを作る!

ブログは文章や画像で構成されることがほとんどですが
会話形式で表示させることができるプラグインがあるのはご存知でしょうか?

A さん
Speech Bubbleでできるよ!
ナナノミアさん
こんな感じね!

使い方

他のプラグインと同じ要領で「Speech Bubble」をインストール/有効化をしたらすぐに使用できます。
使用する際は以下のコードを入力します。

実際には以下のように出力されます。

A さん
テストです!
B さん
テストだよ!

カスタマイズ方法

このコードは
・type
・subtype
・icon
・name
この4つで構成されています。
それぞれ解説しますと

『type』

会話のデザインを変更できます。
LINE風やFacebook風なデザインにできます。
デザインは
・drop
・std
・fb
・fb-flat
・ln
・ln-flat
・pink
・rtail
・think
の9種類があるそうです。
LINE風にするなら「ln」か「ln-flat」
Facebook風にするなら「fb」か「fb-flat」を選びましょう。

『subtype』

L/Rで文章を右に表示させるか左に表示させるかを
1/2で吹き出しを話す形式にするか考える形式にするかを選べます。

『icon』

「wp-content>plugins>speech-bubble>img」内にある画像ファイルをサムネアイコンに指定することができます。
フォルダ内にファイルを追加し、ファイル名を指定する事で自身で用意した画像が使えるようになります。

『name』

文字通り、アイコンの隣に表示する名前を指定できます。

実際に使ってみての感想

昨今はPCよりもスマホでサイトを閲覧する人が多いそうなので
このプラグインはなかなか重宝すると思いますが、このプラグインが記事のメインにはならないように感じました。
冒頭のつかみなどには使えるかなぁといった印象でした。
ですが、キャラ画像などを用意し、上手く使っていけばなかなか面白いコンテンツを作る事ができそうですね!
記事に親近感を抱くような印象を読者に与える事ができる、素晴らしいプラグインかと思います!