BLOG

ブログ

DTM

AmpleSoundの「Ample Guitar LP 3」コード転回形の指定について

前回、Ample Guitarにおける弦の指定について解説しました。 もしまだ読んでいない方はこちらから閲覧できます。 今回はコード演奏時の転回形を指定する方法について解説します。 転回形の打ち込み方 実際に打ち込みを行う前に、以下の点を行っているかを確認してください。 Strummerモードの電源がONに...

DTM

音作りとミックスでEQは使い方を変えるべき

音作りでの使い方 音作りをしているときは原則、そのトラックのみを再生している事が多く、この場合はカットもブーストもふんだんに使って自分の理想の音に近づけていきます。 ただ、イコライザーを過信せず、場合によっては音色そのものを入れ替える事も念頭に入れておくといいでしょう。 製品によっては過激な音作りが出来るイ...

DTM

【DTM用語】コンプレッサーについて

コンプレッサーはミックスダウンで最も大事なエフェクター ミックスダウンを行うの目標は、各パートのバランスを整えること。 いかにリスナーにとって聴きやすい音楽に仕上げるかです。 その中でもコンプレッサーはミックスダウンにおいて非常に重要な役割を担っています。 そこで、コンプの主要なパラメータについて解説してい...

DTM

「クオンタイズパネル」と「ロジカルエディター」で人間らしくMIDIを打ち込もう。

工夫してMIDIの打ち込みをしないと、どうも打ち込み臭がしたり、機械的な音楽になってしまいます。 まるで人間が演奏しているかのようにうまく手っ取り早く打ち込めないのか? ・・・それがあるのです! そんな要望に応えてくれるのがCubaseの機能「クオンタイズパネル」と「ロジカルエディター」になります。 今回は...

DTM

Cubase標準搭載の簡単に転調させる「移調トラック」がとにかく便利だった。

最近の音楽ではリスナーに飽きさせないためにありとあらゆる工夫が施されています。 その中でも「転調」はリスナーをハッと言わせるもっとも効果的な手法です。 転調は音楽を始めたばかりの人にとってはどのようにやればいいのか、結構ハードルが高いもの しかし、DAWの金字塔であるCubaseには簡単に転調させることがで...